はじめてのフラメンコ・その2(基本の足の練習3パターン)

物事は色々進めていくうちに学ぶことが多いですねー
やってみないとわからないね!

先日、リベラルアーツって何のためかっていう話になったんです。

4年生大学を卒業すると22歳。
人口減少社会、高齢社会、高齢者の活躍、労働力不足っていう流れで
定年の引き上げがされている。
定年制がある終身雇用の会社に勤めるかどうかは別にして、
たとえフリーランスだったとしても、
70歳くらいまで働くことを考えると、22歳時点での知識で、残り50年をやっていけるわけがない。

時代・時代に合った知識を、アップデートしていかなきゃならないんですね。
色々なことを勉強することで、
物事や社会の見方、考え方、取り組み方、
ひいてはその人自身の人生哲学とか価値観とか、
「こういう多様な視点があるんだ」って知らず知らずに影響を受けているっていうことですね。

実践と理論の乖離ってあるなと感じていて、
でも、この議論の中で、表面的には乖離しているんだけど、実際には乖離してなかったんだなーと思って安心した次第です。
社会人の夜間大学行ったり、公開講座受けてみたり、資格試験の勉強したり、本読んだり、語学の勉強したり、
なんかそれって役に立ってるのかなと思うことがあって。
(でも自己満足の意味もあるからいいんだけど)

でも、現場だけにいるとポジショントークしかできない、
木を見て森を見ず、になってしまう。
なぜなら、今、目の前に対峙しているものしかわからないから。
だから、今あるやり方を変えるリスクより、不作為(なにもしないこと)のリスクを軽く見積もってしまう。

そこから一旦意図的に離れた視点で大局的に見ることって、
すごく大切だなと実感。
現場と理論のキャッチボール、行ったり来たり。
それだな!と、とっても納得した次第です。スッキリ!

私の恐ろしくどうでも良いスッキリ話はこのあたりで、
今日は基本の足3パターンの練習動画です!

音のバランスとか難しいですねー
見にくいかもしれないですけど素人動画なので参考程度にお願いいたします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です