ファミリア・ファルーコ(Familia Farruco)その3

血液検査を自費で受けましたー
15000円…高い…
4つの抗体価があるか調べなきゃならなくなりまして。
予防接種をしていればよかったのですが、
母に聞いたところ、
私の生まれた頃ってあんまり予防接種がよくない?と言われていた時期らしく、
なんと、2つしか予防接種受けていませんでした。
そんな時代もあったのね。

そんなわけで、ファルーコさん一家のお話。

ファミリア・ファルーコ家系図

前回、前々回とファルーコさん一家のお話に触れましたが
ファルキート、ファルー(ファルーコ)、カルペータ、アフリ、バルージョといった子どもたちの活躍を見てみましょう。

ファルキート(1982-)

El ARTE DE VIVIR EL FLAMENCO でのページ

本名フアン・マヌエル・フェルナンデス・モントーヤ、「ファルキート」は、1982年にセビリアで生まれました。

彼の祖父であるファルーコによって設立されたアカデミーの継承者とのこと。なんと5歳で、ロンドンのロイヤルフェスティバルホールでフラメンコデビューしたそうです。

18歳で初代ファルーコが亡くなり、エル・ファルーコの期待を背負って一族の長としてフラメンコに邁進したファルキートですが、ひき逃げ事故を起こしてしまい、日本公演にも参加できないといった時期があったそうです。

これ、ライブの映像ではないのですが、私も何回か見たことのあるファルキートさんのレッスン映像です!
いやーこんなレッスン全然ついていけないよ!

ファルー(1988-)

El ARTE DE VIVIR EL FLAMENCO でのページ

本名アントニオ・フェルナンデス・モントーヤ、「ファルー(現在はファルーコ)」は1988年にセビージャで生まれました。

わずか6歳の時に「栄光の婚礼」の映画に参加、今はファルーコと名乗っており一大スターです。

カルペータ(1997-)

El ARTE DE VIVIR EL FLAMENCO でのページ

本名マヌエル・フェルナンデス・モントーヤ、「エル・カルペータ」は1997年にセビージャで生まれました。23歳ということですね、若い!それなのにすごい!

3きょうだいの中では、私はカルペータさんが一番好きです。
「彼の品格や踊りのセンティードは、その血統・家系から受け継いでいるものだ」みたいなことが上のページに書いてありますが、それはそうですよね。
ファルーコのお孫さんで、お母さんがバイラオーラ、お父さんがギタリスト、上のお兄ちゃん二人がめっちゃかっこいい踊りを踊るんだから、もう日常がフラメンコなんでしょうね。

カルロス・サウラによる「フラメンコフラメンコ」にも出演、とりわけお兄ちゃんのファルキートが大好きとのこと。パコ・デ・ルシアの最後のツアーにも参加したって書いてあります。

これは2年前の映像ですが、この髪を切った感じもかっこいいですね!
もっと前の映像だと長い髪を三つ編みにしてたりして、それも素敵なんだけどー

きょうだい揃っての映像です。

この、フラメンコの抜けるとこってめっちゃかっこいいですよね!
アティエンポでバシ!っと終わるのではなくって、そのあとの落ちるところっていうか。この映像だと、1分28秒とか29秒の辺りです。(他にも何回も出てくるけど。いわゆる「抜け」です。)
1分47~49秒辺りの、チラ見するところもかっこいい!
目ヂカラすごい!
かっこいい!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です