ヌメロのストーリーを考える

とりあえずお勉強モードからお仕事モードですが
年度末は忙しいですね!
どっちもこっちも、みんな自分勝手だよ、ホント!!!

先日、息子さんと姪とクッキーを作りました。


ちょっと間違ってるの入っていますね。
人間はもともと農耕社会に生きていたから、society5.0的な現代なので、
何かを作るとか、自然に触れるとかってすごく癒されるなって思います。
人間本来の活動なんでしょうね。

というわけで、ヌメロのストーリーについて!

フラメンコは色々な曲種があります。

フラメンコはいろいろな曲種がありまして、それらは「パロ」と言ったり「ヌメロ」と言います。

曲種について解説されているwebとしては
尊敬するてるお社長のイベリアさんHP「コンパス別フラメンコ曲種」とか、
あとはすっごく前にならんひーた先生のカンテレッスンに2,3回参加したことがあって、
ならんひーた先生のwebも色々な曲種の情報が掲載されていたと思います!

明るい曲から短調な曲、ノリのよい曲や哀愁漂う曲など、フラメンコの旋律ってとっても素敵ですよね。

ヌメロのストーリーを考える

色々な曲種のあるフラメンコですので、
同じ12拍子のマルカールでも、
同じステップでも、
アレグリアスとソレアでは全然違うものになります。
また、アレグリアスとグアヒーラも違うセンティードです。

だから、このヌメロのストーリーはどんな感じなのかな?と考えて踊ると、また1つフラメンコの楽しさがあるのかなと思います。

そのためにはやっぱり、レトラ(歌詞)を知るといいのかなと。
例えば…

〇アレグリアスのコレテイージャ

Que yo te quiero y te adoro
y que yo me muero por ti

私はあなたが好きで、尊敬していて、
あなたのために死んじゃう(ほど好き)
→グラシアを感じる歌詞ですよね。

〇ソレアのレトラ

Si yo pudiera ir tirando
la penita mia por los arroyuelos
Hasta las aguas de los mares
iban a subir al cielo

もしも私の悲しみを川へと投げ捨てるなら
海の水から天へと届いてしまうことだろう
→悲しみがお空に昇っていくようなイメージですね。

〇グアヒーラのレトラ

Me gusta por la mañana
Después del café de río
Pasearme por la Habana con mi cigarro encendido 

私は午前中にカフェでお茶をした後
タバコに火をつけながらハバナ沿いを歩くのが好きなのさ
→南米の陽気な明るい陽射しを感じますね。

振り付けも大切ですが、
その曲に合った雰囲気で踊れるともっと楽しいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です