楽しかったクルシージョ

遠足の作文みたいな題名になっちゃいました「楽しかったクルシージョ」。
ということで、イネス先生のクルシージョに参加させていただきました!
めっちゃ楽しかった!

先生かわいいのに、すっごい力強くってかっこいいの。そして優しい。
教え方も丁寧。
緩急とか、サパテアードのリンピオなところとか、ぺジスコやアイレ、グラシアたっぷりなところとか、すっごい楽しかったー!

クルシージョというのは、
スペイン語の「cruso」(「クルソ」と読みます。コースとか、クラスという意味。)に縮小辞がついて「cursillo」(クルシージョ)となりまして、
短いコースということになります。
毎週の定期レッスンではなく、1日とか2日の短期レッスンっていう意味ですね。

スペイン人の先生のクルシージョは日本にいながらスペインの先生のレッスンが受けられるので、好きな先生のレッスンはなるべく参加するようにしています。

クルシージョがいいなぁと思うのは

  • 集中力が上がること(毎週の定期レッスンではないので、次にまた覚えればいいや!ということではなく、この時間に絶対にこの振り理解するぞ!という気合で臨みます。とりあえず気持ちから…)
  • いつもと違う場所、生徒さんたちの中で緊張感をもってレッスンに臨めること
  • いつもお世話になっているお師匠さんとは違ったセンティードを感じることができること
  • 普段慣れている体の動きやコンパスではなく、違った体の使い方やリズムの取り方に触れることができること
  • スペイン人の先生のアイレを感じながら練習できること
  • フラメンコってやっぱり楽しい!と感じることができる

などなど、たくさんです!
疲れたけど楽しかったー!

イネス先生が
「今日はまだ1時間しかしてないからみんな踊れなくって当然、ゆっくり練習して。私も1年前はできなかったけど、めっちゃ練習したよ」っておっしゃっていて(もちろんスペイン語、たぶんそんな感じなこと言ってた)
やっぱり練習が大切なんだなって思った。

先生みたくかっこいいバイレも、陰にはすごい努力があるんだなー
またがんばろー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です