「どうせ私なんか」っていう気持ち。

すっごく気に入って買ってしまいました。
Mっきーが紹介してたの。
赤または黄色だったんだけど、家の雰囲気に合うように3千円高かったけど白にしてみました!
とってもかわいくてお気に入り。
電気使えなくなった場合の非常用としても。

かわいい…

というわけで、
毎日を一生懸命がんばっているみんなを見ていて思ったことを、今日はお伝えしようと思います!

自己肯定感が大切な理由

自己肯定感って言葉をみなさんはご存知でしょうか?

「自己肯定感」(じここうていかん)
自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する語。 自己否定の感情と対をなす感情とされる。
出典:実用日本語表現辞典

簡単に言うと、自分って生きていることに価値がある、存在する意味があるんだと、自分自身のことをほめたり、認めたりできる感覚のことです。

色々なご意見はあると思うのですが、個人的には、自己肯定感は社会で生きていく上でとっても大切な感覚の1つだと思っています。
土台です。
自己肯定感が高いと、どんなメリットがあるのでしょうか?

  • 失敗したり凹んだときでも、より早く立ち直ることができる。
  • 心身の健康維持・増進に役立つ。
  • 人生をより楽しく、充実感を持って生きることができる。

そして何より、自己肯定感が高い人は自分自身に優しくすることができます。
自分に優しくできない人は、他人にも優しくできないです。
まずは自分をもっとほめてあげよう。

「ほめる」ことを意識的にして習慣に

「ほめる」ことって意識的にしないと意外と難しかったりします。
でも、意識的にするように心がけると、それが習慣となって、自然とできるようになります(実経験)。

私が「ほめる」ために意識していることは次のとおりです!
文字にすると、なーんだそんな簡単なこと!と思うけど、けっこう意識しないと見逃がしちゃいます。

  1. 「できていること」をほめる。
    できていないことに目を向けるのではなく、すでにできていることに目を向けてほめます。
  2. すごいなと思ったこと、感謝や喜びは、すぐに「言葉で」伝える。
    心で思っているだけではもったいないので、相手に言葉で伝えます。
  3. 「結果」ではなく、そこに至る「過程」や「努力」に目を向ける。
    「結果がすべて」というときもあるのですが(受験とか)、それは稀な時だと思っています。何よりそこに至る「過程」や「努力」に目を向けてほめます。
    アラフォーともなると、もう自分の努力ではどうにもならないことが人生には多々あるな!とわかってきます。
    そんな時に結果だけ追い求めると苦しくなっちゃいます。
  4. 人と比べず、良いところを見つけてほめる。
    人と比べたって仕方ないです。ジャッジフリーです!
人生に、上下も勝ち負けもありません 精神科医が教える老子の言葉
野村総一郎
文響社
売り上げランキング: 7,182

 

 

フラメンコは難しいけれど。

フラメンコってとても難しいなーと思います。
フラメンコに限らず、何かを習得するのは大変なことですよね。
でも、社会人になってからの趣味です。
プロになって…というように結果を求めるものではないのだから、楽しいのが一番。
色々な外野のご意見は置いておいて、言う人は言います。どこでも、何に対しても。それに振り回される必要はないし、振り回されている時間がもったいない。
心身の健康には、自分を認めてあげて楽しく過ごすことが一番。

だから、「どうせ私なんて」と悲しいことは思わずに、今、目の前のことに取り組んでいるご自身をどうぞほめてあげてくださいね。
そして、自分の「気持ち」や「感情」などの「心の動き」を大切にしてあげてください。
心の動きに何か違和感があるときにそれを放置しない方がいいと思います!なぜなら、違和感には理由・原因があるから。

「コップの水は半分」という事実は1つ、でも考え方は2つ。

 

物事は全て中立で、それに意味を与えるのは自分自身の考え方です。

コップに半分の水、のお話はご存知の方も多いと思いますが、事実は1つなんだけど、考え方が2つあります。
「まだ半分ある」か「もう半分しかない」か。
前者はポジティブだけど、後者はネガティブですね。
でも、事実は1つなので、物事は全て中立ということです。
自分自身の考え方次第で、より楽に生きることができると思います!

はい、そしてこんな色々なことを語っておりますが、私はかなりストライクゾーンの狭い人です。→プロフィールはこちら

自分の自己肯定感を守ることは、自分がゆったり・楽しく生きていくために大切なことだと思っています。

だから、自己肯定感下がるわーみたいな人・物・事からは、さりげなーく離れていきます。
自分のことを大切に、必要だと思ってくれている人がいるからこそ、自分は自分で守らないとね!
自分のエネルギーは有限ですので、それを割く対象は自分で割り振らないとだよね、と、ここのところすごく感じているところです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です