コレティージャ・カレティージャ・エストリビージョ

次から次にやることがある人は幸せと敬愛するアランさんはおっしゃいましたが、とりあえず当面やらなければならないことが終わって(別名「問題の先送り」とも言いますが)お茶を飲むひと時も幸せなものです!

これはちょっと前のサークルの一コマです。
気の合う人たちと一緒に練習する時間はありがたいですねーノーストレスですね!

11月サークルはこの鏡のある405スタジオですよー(11/10の日曜日は403です)。

フラメンコ用語

フラメンコ用語って色々ありますよね。スペインの芸術ですから、スペイン語ですね。

足の打ち方では、ゴルペ、タコン、プランタ、プンタ、ラティギージョなど。
バックアーティストとのコミュニケーションでは、ジャマーダ、レマーテ、シエレ、デハール、ディレクト、ファルセータなどなど。
ハレオでは、グアパ、アグア、アイレ、フエゴ、アルテなどなどなど。

サークルの中でも色々なフラメンコ用語を無意識に使っておりますが、これって何ですか?とか、間違って使われていることが多かった3つについてご説明しようと思います。

エストリビージョ

突然ですが、アレグリアスのレトラ(歌詞)です。
1つめのレトラですね。

Tierra de los liberales
Que hay anclaita en el mar
Tierra de los liberales
Al cante supiste dar
Gracia y hondura a raudales
Al cante supiste dar
Gracia y hondura a raudales

Cuando salgo de Cadiz,ay me llevo sal
Pa donde no la hay yo regalar
Yo regala prima yo regarando 
Cuando salgo de Cadiz,ay me llevo sal


Youtubeから音源をお借りしました。フラメンコ愛好者ならみんな知っているBaile Flamencoですね。
あ、そういえばパストーラさんが来年日本にいらっしゃいます!ガルロチさんです!
私、パストーラさん大好きなんです。
フラメンコをはじめたきっかけのバイラオーラです。すっごく素敵なの。
11/12から予約開始とのことで、張り切って予約します!お友達と行く約束もしました!楽しみー!

話は逸れましたが、エストリビージョですね。

estribillo(エストリビージョ)
(詩歌の)反復句、リフレーン
出典:小学館 西和辞典

私のiphoneにはこの辞典が入っております。
エストリビージョは「繰り返し」のことです。
なので、前出のレトラでは、この部分をエストリビージョって呼びます。

Tierra de los liberales
Que hay anclaita en el mar
Tierra de los liberales
Al cante supiste dar
Gracia y hondura a raudales
Al cante supiste dar
Gracia y hondura a raudales ※ここがエストリビージョ

だから、カンテさんが「最後のハケのとこ、もう1回エストリビージョで歌いますね」みたいなことをおっしゃったら、同じ歌詞をもう1回繰り返すよって意味ですね。

コレティージャ

スペイン語には「縮小辞」というのがありまして、名詞や形容詞・副詞の語尾を変化させて、「小ささ」や「可愛さ」を表現するものです。
フラメンコのハレオ(掛け声)でもよく聞く「chiquita」(「チキータ」と発音します。)ですが、これは「chica(女の子)」の縮小辞版です。
かわいらしさを込めて掛け声をかけているっていうことですね!

そして本題の「coletilla」ですが、「cola(しっぽ、尾)」の縮小辞です。縮小辞の作り方は、基本的には母音を取って ”-ito/a”を付けるのですが、アンダルシアでは ”-illo/a”という縮小辞が使われるそうです。
コレティージャはアンダルシア版縮小辞ですね。
縮小辞の作り方は地方によっても違うとのことで、よく聞く単語はそのまま覚えるようにしています。

colaは、bata de cola(バタ・デ・コーラ)という裾の長い衣装にもあるように、付けたし・尾っぽという意味です。

そうです、「付けたし」。というわけで、コレティージャは付けたしなのです。
だから、先ほどのレトラを分解するとこんな感じになります。

初めの7コンパス:歌本体部分。内訳として、6,7はエストリビージョ。
続く8~11コンパス:コレティージャ。歌本体部分の「付けたし」

1.Tierra de los liberales
2.Que hay anclaita en el mar
3.Tierra de los liberales
4.Al cante supiste dar
5.Gracia y hondura a raudales
6.Al cante supiste dar
7.Gracia y hondura a raudales

8.Cuando salgo de Cadiz,ay me llevo sal
9.Pa donde no la hay yo regalar
10.Yo regala prima yo regarando 
11.Cuando salgo de Cadiz,ay me llevo sal

カンテさんとかギターさんが、「コレティージャのところもう1回確認させて」とおっしゃったら、それは↑ここだな!という意味でございます。

ちなみに、このコレティージャは歌本体の付けたしなのですが、その時歌われるレトラと全然関係のない内容のレトラのこともあります。
そして、同じ節回しがアレグリアスの「カスティジャーノ」のところで歌われることもよくあります。

カレティージャ

そして最後にカレティージャ。これ、コレティージャによく似てるので間違って使っていたりすることをよく聞くのですが、コレティージャとカレティージャ、全然違います。

カレティージャはテクニカです。だだだだーって繰り返すやつ。ゴルペでだだだだーって前に行ったりするときとか、パリージョでタララランって連続で音を出すとか。細かい連続音のことです。

先ほどのスペイン語辞書で調べたところ、こんな単語が。このことなのかな?元の単語があっての縮小辞かもしれません。そのあたりはわからずなのですが、少なくともスペイン人レッスンで「カレティージャ」ってワードは出てきます!

carretilla(カレティージャ)
連続、つながり
出典:小学館 西和辞典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です