シギリージャ(フラメンコの構成)

シギリージャのこと

マルティネーテといった無伴奏の「トナ」から派生したヌメロで、迫害されてきたジプシーの苦悩や苦しみを歌った曲です。
レマーテは歌い手の歌に対するcontestarの様に入り(応答するってこと)、歌をよく聴くことが必要な曲です。

コンパスは変則5拍子と言われ、独特の間を持つ5拍子に初めは慣れるのが難しいヌメロかもしれませんが、重厚感があり、後半のマチョの盛り上げなど、感情の入る曲でもあります!

コンパス

「普通の」を見ていただくと、アセントのある「○」が5つあると思います。拍子の数は全部で12なので、ソレアやブレリアと同じですが、これを、「2・2・3・3・2」に分けるので変則5拍子といわれます。

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

普通の

 

 

 

 

 

 

 

Cierre

 

 

 

 

 

 

macho

 

 

 

 

 

 

 

構成・たとえば

Salida(サリーダ) Ayで始まることが多いですが、ギターの締め音が入ることが多いです。これを合図に出て行く感じです。
1 Letra(プリメラレトラ) 1つめの歌振り(歌に合わせた振付のこと)
Escobilla(エスコビージャ) サパテアード(足のステップ)がメインとなる部分。
2 Letra(セグンダレトラ) 2つめの歌振り。
Falseta(ファルセータ) ギターがメインとなる部分。

Escobilla(エスコビージャ) 2つめのエスコビージャ
Macho 「男性的な」という意味で、最後に向けて盛り上がる部分。

レトラ

Ay・・・
(Rematar)
Ay・・・ ※ここに「que marme」が入って1コンパ短くなることもよくある
Que marme la ropa
que quereis de mi
Que marme , Que marme la ropa
que quereis de mi
(Rematar)

yo no le debo
(Rematar)
yo no le debo
yo no le debo a la ley
me deben a mi
Que marme , Que marme la ropa
que quereis de mi
(Rematar)

私を服ごと燃やしたいのか。私をどうしたいのか。
私は法には触れていない。どんなに疑われても。
私を服ごと燃やしたいのか。私をどうしたいのか。

レトラを見ていただくと、Rematarが4か所出てくると思います。
そうじゃない場合もあると思いますが、踊り歌ではよくあるパターンかと思われます。なので、どこにレマーテを入れるかよく聴きながら踊るといいかな、と思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です