フラメンコの組み合わせ

元気があれば何でもできる!
イライラや不機嫌を外に垂れ流してもいいことは1つもありません!
不機嫌を外に垂れ流していいのは、一握りの天才か金持ちだけです。
私のような凡人は、すべからく不機嫌をコントロールしましょう。

バイレフラメンコの場合、組み合わせがあります

バイレフラメンコ(踊りがあるフラメンコ、カンテソロとかじゃなくって)の場合、ヌメロに組み合わせがあります。
前半があって、エスコビージャの後の後半の部分との組み合わせという感じ。
ちなみに、後半部分のことをmacho(マチョ/男性的な、強い、という意味)とも言います。

こんな例

  • アレグリアス → ブレリア・デ・カイ(カディスのブレリア)
  • ティエントス → タンゴ(トリアーナのタンゴとか)
  • ソレア → ブレリア
  • タラント → タンゴ・デ・グラナダ
  • グアヒーラ → コロンビアーナとかブレリア取りのグアヒーラ

例えばアレグリアスだと、へレスのブレリアを後半に持ってくることはなく、いつもカディスのブレリアな気がします。
ティエントスもトリアーナのタンゴがよく来る感じがする。

でも、スペイン人アーティストだともっと違うのかも。
自分の構成で、歌ってもらいたいタンゴの種類とか曲があれば、あからじめギターさん、カンテさんに伝えておくのもいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です