マノ(手)とブラソ(腕)

マノとブラソはとにかく目立つ

マノはmano(手)のことで、ブラソはbrazo(腕)のことです。
フラメンコはサパテアードがパーカッションですが、あくまで踊り手なので上体が大切なのは言うまでもありません。

美しい上体の動きは、観ていても素敵ですね!
サパテアードの練習をがんばってしまいがちですが、やはり上体のマノとブラソの所作は目立ちます。

マノのポイント

ここでつぶやいていることは、いつも練習会でも申し上げておりますが、決して私ができているということではなく、私自身に対しても言い聞かせているものであることを申し添えます!
私は永遠に練習生でありますので。

マノのポイントですが。

親指が内側に入っていること。
けっこうありがちなのですが、指を1つ1つバラバラと動かしていると、親指が立ってしまうことがあります。
パリージョ(カスタネット)の技術にも影響することかと思われますが、やはり親指は内側に入っていた方が美しく、指が立っているとちょっとおかしい感じがします。
自分の親指が立っていないか、要チェック。

やたらにマノを回さない。
ブラソの基本的な軌道は、bajo(下)→ al lado(横)→ arriba(上)→ adelante(前)→bajoにvolver(戻る)ですが、ゆっくりなコンパスの場合、それぞれの4ポイントで1回ずつ、内回し・外回しとする程度。
割と早めなコンパスであれば、その軌道の中で2回マノを回す程度かな、と思います。
やたらに回していると1つ1つのマノの所作も雑になりますし、騒がしい感じになる。
効果的だなと思うところでしっかりゆっくり回す、そういう使い方も大切。
特にマルカールやサパテアードをしていないときの、上体だけで魅せる振付の部分は、マノがとても重要です。

ブラソのポイント

そしてブラソですが。

4つのポジションをしっかり決める
実経験として、バレエのポジションと同じなんだけど、アンナバーだけ少し体と指先の距離が、フラメンコの方が長くとる感じだと思っています。

左から、アンバー(下/bajo)、アンナバー(前、みぞおちのあたりかしら/adelante)、アンオー(上/arriba)、アラスゴンド(横/al lado)、の4ポジションです。

肘を張ること。
そして肘が内側に入らず、しっかり張っていること。
わきの下には卵1個分あって、それがグシャっとつぶれないように常に意識します。

意識するポイント(力をいれるところ、みたいな)は3つ
腕のポジションをきれいに取ろうとして、腕全体に力が入ると、ずっと踊っていると疲れてしまいますし、動きも固くなります。
なので、意識するポイント(力をいれるところ、みたいなイメージ)は3つで、1.肩甲骨(またはわきの下のあたり)、2.肘、3.指先 です。

コンパス全部を使ってポジションを移動させること
振付では、腕のポジションがbajo(下)からarriba(上)まで動かすこともありますし、bajoからal lado(横)までの場合もあります。
同じコンパスで動かすのであれば、当然、横まで動かす場合の方が動かす距離が短い。
そのとき、コンパスの拍子全てを使わずに目的地点に到達してしまうと、時間を持て余してちょっとおかしな感じ。
なので、コンパスの拍子全てを使って目的地に到達するように調整することを意識します。

なんだか気を付けることがいっぱいあって難しいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です