Buleríaブレリアのこと・その1

GWも後半になりましたね。今日は子どもの日でございます。

この時期は水上の小荒井製菓も期間限定で柏餅がありますね。すごく美味しいの。
私の家ではカブトだけですが、着るタイプのって大きくなったらどうするのかなって常々思っています。どうでもよい前置きでした。

本題ですが、Tango(タンゴ)にもTango de Malaga(タンゴデマラガ)や、Tango de Triana(タンゴデトリアーナ)など地区によって特色があるのと同様に、Bulería(ブレリア)もその土地の慣習や人々の生活などを色濃く反映し、それぞれ特徴のあるブレリアがあります。

群馬だと八木節があって、北海道だとソーラン節があるみたいな感じかしら。ソーラン節ってニシン漁の網を引くときの歌詞と動きですよね。なぜか子どもたちの運動会で定番です。感動ものですね。

ブレリアについてメモしておこうと思います、備忘録。

ブレリアは地区によって特色があります。

例えばアレグリアスでおなじみのBuleria de Cádiz(ブレリア・デ・カディス→アンダルシアなまりで「ブレリアデカイ」と言われることが多いかと思います)は、「カディスのブレリア」です。
では、カディスとは何でしょうか?場所の名前です。カディスはスペインの南、アンダルシア自治州のProvincia(県)の1つですし、県都の名前もカディスです。この地区で生まれたのがBuleria de Cádizです。

このように、地区によって特色のあるブレリアは次のようなものがあります。

  • Buleria de Cádiz(ブレリア・デ・カディス)
    カディスのブレリアです。
  • Bulería de Jerez(ブレリア・デ・へレス)
    へレスのブレリアですが、へレスの中でも、Plazuela(プラスエラ)地区と、Santiago(サンティアゴ)地区で違いがあります。
  • Sevilla(セビージャ)のブレリア
    セビージャ県のブレリアですが、Molon(モロン)、Lebrija(レブリーハ)、Utlera(ウトレーラ)で特色があります。
  • Bulería de Extremadura(ブレリア・デ・エストレマドゥーラ)
    エストレマドゥーラ州のブレリアですが、Jaleo Extremeño(ハレオ・エストレメニョ)と呼びます。

スペインの行政区画。

色々な名前が出てきましたが、同じレベル感ではありません。
要するに、群馬県-前橋市ー〇〇町 といったような行政区画がスペインでもあって、例えばセビージャはセビージャ県で、セビージャという都市の名前でもあり、モロンはそのセビージャという都市の中の一部分です。

スペインには50の県(provincia)があり、この50県は17の自治州(comunidad autónoma)にまとめられる。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)

興味のある方は調べてみてください。

ブレリアに関係する場所。

ブレリアの違いで関係する地区について地図に書いてみました。
私が知っている範囲の内容で書いております。もっともっといろいろな奥深いことがフラメンコにはあると思います。
みなさんご自身で探求してみてください。

また例により書きますが、このページにあることは私が今まで関わってきたフラメンコの中で得た私の中の理解なので、違っていることもあると思います。これが絶対ということではありません!違っていたり、もっとこういうことがあるよ!というのはぜひ教えていただけると嬉しいです。

濃い線が自治州で、自治州の中の薄い線が県です。

自治州(青):エストレマドゥーラ、アンダルシア
県(赤):セビージャ、カディス
都市(緑):セビージャ、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ
都市の中の地区(オレンジ):サンティアゴ、プラスエラ

そして、セビージャの中のレブリーハ、ウトレーラ、モロンのそれぞれの場所はここです。

力尽きましたので、続きはまた次回でございます。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です