ギターのYっきー君

群馬フラメンコ活動の救世主。

私のフラメンコ相関図を考えると、色々な人から色々な人にご縁がつながって、今のカタチがあることを再認識します。

私のフラメンコにおいて無くてはならない存在はやっぱりギターのYっきー君(イニシャルにするとちょっと変な感じがするけど)。

群馬はとにかくギターやカンテさんがいません(私が知らないだけかもです。いらっしゃったらご連絡お待ちしております)。ですが、フラメンコをするのにギターさんは欠かせません!ギターさんがいなくて本当に困っていたところ、Yっきー君は、遠い群馬にも快く「いいよ!」とお返事をくれて、埼玉から練習会やライブに参加してくださいます。Yっきー君によって、群馬での活動の幅がすごく広がりました。

サークル解散の危機を救ってくれたのも実はYっきー君。

過去にサークル解散の危機が一度あったのですが。

諸事情でゴタゴタがあり、もうフラメンコしたくなくなっちゃった事件。やはり色々な人が集まるということはそれだけ調整が必要になりますし、価値観も考え方も違います。でも、今までおかげ様で○○周年生きてきて、こういう人間関係のトラブルになったのは3回だけです。そのうちの1回でした。

もうやめるーと言っていた私に、そこでもYっきー君が支えてくれて、なんとか辞めずに続けているというワケです。Yっきー君との出会いがなければ、私は今フラメンコしていないだろうし、そうなるとサークルもないわけで。本当に感謝でございます。わらび餅を分けてくれる優しい心の持ち主でもあります。薬研軟骨たくさんプレゼントしないとだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です